適性検査とは?その目的や一般的な種類を解説!

採用基準の判断のために多くの企業が取り入れている適性検査。 その目的やメリット、取り入れる上での注意点を解説いたします!

1. 適性検査とは

採用活動における適性検査とは、面接では判断できない求職者の個人の能力や傾向を評価するために行い、個人の適性や適応能力を測定することで、企業へのミスマッチを布瀬具など採用選考の判断材料となる検査です。

2. 適性検査の種類とその目的

採用活動における適性検査とは、面接では判断できない求職者の個人の能力や傾向を評価するために行い、個人の適性や適応能力を測定することで、企業へのミスマッチを布瀬具など採用選考の判断材料となる検査です。適性検査は大きく分けて、能力検査と性格検査に分けられます。具体的にこの2種類についてそれぞれ目的を解説します。

①能力検査

能力検査とは学生の持つ知的能力や思考力、一般常識判断する検査です。働くうえで必要となる基礎的な能力が備わっているか、また将来的な可能性について測定する検査です。

②性格検査

性格検査とは、個人の性格や特性を判断するための検査です。またどの部署に適性があるのか、といった判断を行うための材料となる検査です。面接のみでは判断が難しいストレス耐性や適性を客観的に調べることができます。

3.適性検査の代表的な受験方法のメリットやデメリット

昨今様々な適性検査の受検方法が登場している中で代表的な受験方法とそれぞれのメリットデメリットについて解説します。

① 紙受験

適性検査の受検方法の中でも最も一般的な受験方法です。

メリット
試験会場や試験日時の指定ができ、不正受験や替え玉受験を防ぐことができる。

デメリット
検査結果の集計に手間と時間がかかり、会場を外部で用意する場合コストがかかる。

② WEB受験

インターネットが普及してきた近年、増加傾向にある受験方法です。

メリット
検査結果を簡単に出すことができ、期間内であれば受験者の自由な時間に受けることができるため参加コストや会場コストがかからない。

デメリット
受検者の環境により受けることができなかったり、不正もしやすくなってしまう。

③ テストセンター受験

外部企業が提供している会場から受験する方法です。

メリット
受験にあたる不正が起こる可能性を低くすることができ、外部委託となるため採用担当者の手間を省くことができる。

デメリット
外注費がかかるためコストがかかる。

4.企業が選ぶ代表的な適性検査2選

様々な適性検査がある中で、最も代表的に取り入れられている適性検査を2つご紹介いたします。

SPI

SPIはSynthetic Personality Inventory(総合適性検査)の略で、1974年に誕生したリクルートMSが提供する適性検査です。適性検査の中でも圧倒的に利用されているサービスです。

玉手箱

玉手箱は日本エス・エイチ・エルという会社が販売している適性検査です。その中でも玉手箱は自宅のパソコンで受けるWEBテストとしてトップシェアを誇っています。

5.適性検査のメリットや注意点

ここまでは実際の適性検査の種類や受験方法について解説いたしました。では実際に適性検査を行う際のメリットや注意点はどんなことがあるのでしょうか。まずはメリットから解説いたします。

①ミスマッチを減らすことができる

前途でも記したとおり、面接だけでは求職者の実際に身に付けている一般常識や学力、個人の性格や特性を細かく判断することは極めて困難です。そのため適性検査を実施することで、面接だけでは判断ができなかった個人の特性を理解することができ入社後のミスマッチを減らすことができるようになります。

②客観的な評価をすることができる

適性検査ではその人の持つ特性や能力について総合的に数値化された結果が出てきます。そのため世間一般から見た求職者の特徴や能力を客観的にみることができます。

③適切な人材配置に役立てることができる

適性検査では、その人の持つ性格や能力、可能性をについて図ることができます。そのため、求職者が適性のある部署や仕事、教育方針見通しを立てることができるため適切な人材の配置に役立てることができます。

注意点

適性検査には多くのメリットがある反面、注意しなければいけないこともあります。

①対策により本当の結果が出ない可能性もある

昨今企業がどんな適性検査を取り入れているのかインターネットで簡単に調べることができ、書籍やサイトなどから事前の対策が可能となっています。そのため、本来の姿とは異なる結果が出ることもあります。ですので適性検査の結果だけを評価せず、面接の受け答えや総合的に評価する必要があります。

②検査結果のみで判断をしないようにする

前途でも記したように、適性検査は対策により本来とは異なった結果が出る場合やその時の心情によっても検査結果は変化します。そのため適性検査の結果のみで人材を判断してしまうと優秀な人材を見逃してしまう可能性もあります。特に新卒採用の場合は入社後の教育や育成により隠れた能力を引き出すことができる可能性もあるため、多方面からの評価を行うようにしましょう。

6.まとめ

いかがだったでしょうか。 今回は適性検査について解説いたしました。採用基準のひとつとして適性検査を取り入れる参考になりましたら幸いです 。

パンフレット、チラシ、ポスター、Webサイト、動画、合同企業説明会の企画等、すべて弊社にお任せください!

自社オリジナル広告ツールの制作をお考えの際はぜひ一度ご相談ください。

栃木採用.comでは企業様の高卒採用のサポートも行っております。

採用の目的に応じて、最適なご提案をさせていただきます。 下記をクリックしてお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 説明会や展示会で目立ちたい… あると便利な販促ツール10選

  2. 第二新卒採用とは?新卒・中途との違いや、注意点を解説!

  3. 令和3年度 栃木県内学校別高等学校卒業者の就職率レポート

  4. 【掲載企業の声】36社が回答!意外なCOURSEの利用方法とは?

  5. 求職者が本当に知りたい採用サイトの内容とは?実体験をもとに徹底解説!

  6. Webサイトを放置していませんか?効果が出るサイト運用方法とは