DX「デジタル・トランスフォーメーション」人材とは?6つの役割について徹底解説!

昨今、DXの推進に取り組む企業が増えており、その成功の鍵を握るのは人材です。
この記事ではDX人材が担う役割をご紹介していきます。組織の人材育成に関わる方、経営者、マネジメント層の方はぜひご一読ください。

1.DX人材とは

2018年に経済産業省が発表した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」によれば

DX人材を確保するということは
DX 推進部門におけるデジタル技術やデータ活用に精通した人材を育成・確保
・各事業部門において、業務内容に精通しつつ、デジタルで何ができるかを理解し、DXの取り組みをリードする人材、その実行を担っていく人材の育成・確保
※ 人材の確保には、社外からの人材の獲得や社外との連携も含む―

であるとされています。つまりDX人材には「デジタル技術やデータ活用に精通した人材」「DXの取り組みをリードし、実行を担っていく人材」の大きく分けて2つの種類があるということです。

単にデジタルに明るい人材のことをDX人材と呼ぶのは早計です。
デジタルに詳しいだけでは組織を変革していくことはできません。
むしろ、組織を変革することのできる人材の中で、デジタルにも精通している人材を探すことのほうがより効果的であると言えます。

2.DX人材が担う6つの役割

では実際にDXを推進する上で必要となる6つの役割についてご紹介していきます。

①ビジネスプロデューサー

ビジネスプロデューサーは、企業の経営戦略に沿ってDXを実現していく中心的存在です。ビジネス戦略を構築する力やデジタル領域の幅広く深い知見のほか、経営的視点や統率力が求められます。組織によってはCDO(最高デジタル責任者)などの経営層がその立場を担うこともあります。

②ビジネスデザイナー

ビジネスデザイナーは、ビジネスプロデューサーの描く戦略を具体的なビジネスモデルやビジネス戦略を立てて実現していく人材です。

市場ニーズや顧客の課題を理解し、提供する商品・サービスの価値を設定して、ビジネスを具体化していく役割を担います。
企画力はもとより、社内外のステークホルダー(利害関係者)の理解を得るための提案力、コミュニケーション力、ファシリテーション(調整)力が要求されます。

③アーキテクト

アーキテクトは、具体的にどのようなデジタル技術を用いてDXを実現させるかを検討し、システムの設計を行います。時代に即したデジタル技術の知識はもちろん、経営的視点も求められる役割です。

④データサイエンティスト

データサイエンティストは、統計学に基づいた手法を駆使してデータを分析し、組織の合理的な判断をサポートする人材です。IoTデバイスやスマートフォンなどから抽出されたビッグデータを解析し、ビジネス戦略に活用するためのレポートを作成します。

⑤UXデザイナー

UXデザイナーは、実際に使用される製品・サービスのUX(ユーザーエクスペリエンス:ユーザー体験)を設計する人材です。UXとは、ユーザーが商品と出会い利用したときに得られる体験のことであり、UXデザイナーはどのユーザーにも使いやすく魅力的な体験をもたらすようなデザインの実現を担当します。

⑥エンジニア/プログラマー

エンジニアやプログラマーは、DXに必要不可欠な存在です。特に、一般的なシステムとは違い、DXにおいては生産や物流、店舗など現場のデジタルシステムの開発を行なう場合もあるため、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアも含めた広範囲の知識が求められます。
使用言語は、機械学習や計算処理のライブラリーやフレームワークが充実しているPythonのほか、統計領域に特化したR言語などが注目されています。

DX人材に求められるデジタルリテラシーは高度なものです。エンジニアのような直接的に技術が求められる役割でなくとも、技術職との共通言語を持つためには基礎知識は必要不可欠です。それに加えて、システムを安全に運用していくためのセキュリティ管理の知識や技術も求められます。また、時流に合わせて技術や顧客のニーズは変化していくため、常にアップデートしていくことも非常に重要です。

3.まとめ

これまで紹介した中でもDXにおける役割は多岐にわたります。多くの人がDXに必要な人材のことをひとくくりに「DX人材」と呼んでしまっていますが、この機会にそれぞれの役割を再認識し、社内のリソースを把握することから始めましょう。それから、社内にいる人材を育成するのか、新たに人材を採用するのか、組織によって取るべき行動が変わってきます。

また、栃木採用.comでは、採用に困っている企業様のサポートを実施しております。
・新卒採用を成功させるポイントが知りたい
・採用をDX化させるためのさいしょの一歩が知りたい
・応募がない現状を変える方法が知りたい
こういった、お悩み・ご相談をお持ちの方は、下記よりお問い合わせください。

パンフレット、チラシ、ポスター、Webサイト、動画、
合同企業説明会の企画など、すべて弊社にお任せください!

自社オリジナル広告ツールの制作をお考えの際はぜひ一度ご相談ください。

栃木採用.comでは企業様の高卒採用のサポートも行っております。

採用の目的に応じて、最適なご提案をさせていただきます。 下記をクリックしてお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 説明会や展示会で目立ちたい… あると便利な販促ツール10選

  2. コロナによる就活への影響とは?今後の採用活動のポイントを解説

  3. 県外企業へ就職する高校生はどのくらい?県外就職について徹底解説

  4. 応募前職場見学とは?応募に繋げるための3つの注意点を解説!

  5. 【解説】SMART(スマート)の法則…仕事の具体的な目標を設定するには…

  6. 内定式の目的とは?3つのメリットにも注目!