採用市場とは?

採用市場とは就職活動において売り手』(就職したい学生や中途採用の求職者)『買い手』(採用したい企業)需要と供給をめぐる取引が行われる市場のことです。

時代の変化や社会の経済の変化により採用市場も普段の市場と同じように、売り手が優位になったり買い手が優位になったりという傾向にあります。

つまりより良い人材を採用するためには、採用市場を把握し、その意味をしっかり理解した上で採用活動を進めることが重要となります。


ここではそんな変化する採用市場を、栃木県内に絞りまとめたレポートを毎月アップしております。

ぜひ栃木県内の採用担当者様にご活用いただければ幸いです。


栃木県採用市場レポート 2022年 2月

●point1
栃木県内のエリア別での2022年2月の有効求人倍率を見ると、県央エリアが1.31倍と最も高くなっている。県北、県央、県南エリア共に1.0倍を上回っており、求職者有利な市場になっている。

●point2
栃木県全体での有効求人倍率は1.13倍であり、求職者有利な市場である。
また、前月比では有効求人倍率は0.04ポイントの増加となっている。

●point3
栃木県全体での求人広告の週単位での掲載件数は約12,738件となっている。
前月比では約1428件の増加となっている。



栃木県 採用市場レポート 2022年2月 PDFのダウンロードはこちら ≫

栃木県採用市場レポート 2022年 1月

●point1
栃木県内のエリア別での2022年1月の有効求人倍率を見ると、県央エリアが1.27倍と最も高くなっている。
県北、県南エリア共に1.0倍を上回っており、求職者有利な市場になっている。

●point2
栃木県全体での有効求人倍率は1.09倍であり、求職者有利な市場である。
また、前月比では有効求人倍率は0.04ポイントの増加となっている。

●point3
栃木県全体での求人広告の週単位での掲載件数は約11,310件となっている。
前月比では約561件の増加となっている。



栃木県 採用市場レポート 2022年1月 PDFのダウンロードはこちら ≫

栃木県採用市場レポート 2021年 12月

●point1
栃木県内のエリア別での2021年12月の有効求人倍率を見ると、県央エリアが1.23倍と最も高くなっている。
県北、県南エリア共に1.0倍を上回っており、求職者有利な市場になっている。

●point2
栃木県全体での有効求人倍率は1.02倍であり、求職者有利な市場である。
また、前月比では有効求人倍率は0.03ポイントの減少となっている。

●point3
栃木県全体での求人広告の週単位での掲載件数は約10,749件となっている。
前月比では約667件の減少となっている。



栃木県 採用市場レポート 2021年12月 PDFのダウンロードはこちら ≫

栃木県採用市場レポート 2021年 11月

●point1
栃木県内のエリア別での2021年11月の有効求人倍率を見ると、県央エリアが1.17倍と最も高くなっている。
県北、県南エリア共に1.0倍を上回っており、求職者有利な市場になっている。

●point2
栃木県全体での有効求人倍率は1.1倍であり、求職者有利な市場である。
また、前月比では有効求人倍率は0.04ポイントの増加となっている。

●point3
栃木県全体での求人広告の週単位での掲載件数は約11,415件となっている。
前月比では
約1,765件の増加となっている。



栃木県 採用市場レポート 2021年11月 PDFのダウンロードはこちら ≫

栃木県採用市場レポート 2021年 10月

●point1
栃木県内のエリア別での2021年10月の有効求人倍率を見ると、県央エリアが1.16倍と最も高くなっている。
県南エリアのみ1.0倍をわずかに下回っており、企業有利な採用市場になっている。

●point2
栃木県全体での有効求人倍率は1.07倍であり、求職者有利な市場である。
また、前月と比較をすると有効求人倍率が変化していないことが分かる。

●point3

栃木県全体での求人広告の週単位での掲載件数は約9,650件となっている。
前月比では約306件の減少となり、8月から減少し続けている。


栃木県 採用市場レポート 2021年10月 PDFのダウンロードはこちら ≫

過去の採用市場レポート